Tag Archive for '09-10 Coppa Italia'

Coppa Itaria:Milan-Udinese

↑早い攻撃にキリキリやられてます。ヴェルディがボリとからんで切り込んでる!


「インテルの後にインレルにヤられる:ミラン敗退」とはGazzettaの見出し。そんなしょーもないベタなシャレ、言わんといてーっ!

昨日のメンバーの組み合わせとなると必然的に、2トップにトップ下を置く、使い古された4-3-1-2になっちゃうんだろうけど、そもそもスピードないミランさんはこの形ではモタモタしてるうちに相手に守備に戻られ、攻めきれなくて、反対に相手の早い攻撃に沈むのがパターンですが、コッパ・ウディネーゼ戦もそういう典型的な試合だったようで…。しかもピルロやセードルフといった中盤でのクリエイティブな事できる人が皆無だったので、せっかく2トップが居てもボールを運べず、ゲームを組み立てられなかったらしい。人それぞれ見方があっても良いマッチレポートやパジェッレやミラン関係者の話が、ことごとくおんなじなのがある意味すごいであります。

失点はアントニーニがゴール付近でヤっちゃったらしい。今季はアントとアバーテの守備には片目をつぶるしかないなあ。そもそも1点取られたら2点とる仕様のレオミランなんだし。で、ガリも言ってるように、唯一のグッドニュースはアッビがナイスプレイを連発…ってことは、カウンターで危ない場面が多かったんだねw

まあ、コッパのタイトルは、あのカップ上げ男のマルですら02/03シーズンが初めてだったってんだから、どんだけこのタイトル取ってないかってことでもあり。調べたら、1966-67, 1971-72, 1972-73, 1976-77, 2002-03の5回であった。今季『も』選手層のうっす〜いミランなんだから、これで疲れなくなって良かったね!と負け惜しみを言っておこう。

でも、出番の少ない人たちや若手の慣らし出場ができなくなったのは惜しい。「フンテラールが昨日の更衣室で、ヒステリックな言い争いをした」なんていう、うまく行ってない時にありがちな不協和音の噂記事もMilanNews.itに出たりしてますが、フンちゃん!口ゲンカできたのならイタリア語完璧マスターってことだよー!w

途中出場のヴェルディがちょっと良かったみたい。パトタイプのセコンダ・プンタっぽいのかな。交代した時にはクルヴァから「Simone Verdi…Simone Verdi」という合唱が起きて、「これはサン・シーロがもう若者を『震え上がらせる』のではなく、サポートし、讃えるというポジティブな兆候だ」とMilanNews.itは書いています。ミラン育ちの若者、渇望されてる様子。

100128a
↑ミランは見事にアッビのひとり舞台だった模様。
「7.5:昨日のミランで最も、唯一良かった者。なんどもセーブし、すばらしい復活」
ヴェルディは「5.5:エネルギッシュでバイタリティあふれる:しかしなにもできず」


Coppa Itaria 2010/01/27
Milan 0-1 Udinese
Marcatori: 11′ st Inler (U)

Milan (4-3-1-2): Abbiati 7; Zambrotta 5,5, Bonera 5, Kaladze 4,5, Antonini 4,5; Gattuso 6 (26′ st Verdi 6), Flamini 6, Jankulovski 5,5; Di Gennaro 5 (9′ st Pirlo 5,5); Inzaghi 5, Huntelaar 4,5 (15′ st Borriello 5,5). A disposizione: Roma, De Vito, Thiago Silva, Ambrosini. All. Leonardo

Udinese (4-3-3): Handanovic 6,5; Isla 6, Zapata 6,5, Coda 6, Pasquale 6; D’Agostino 6,5 (26′ st Lodi 6), Inler 7, Sammarco 6; Sanchez 6,5, Floro Flores 6,5 (33′ st Pepe 6), Di Natale 6,5 (45′ st Zimling sv). A disposizione: Belardi, Cuadrado, Corradi, Chara. All. De Biasi

Arbitro: Gervasoni

Ammoniti: Antonini, Zambrotta (M), D’Agostino (U)

アーセン”喜多川”ベンゲルさんに対抗して、ちょっと若い子を集めだしてるミラン。今度はスイス・ルガーノから16才のDF、アフリカにルーツを持つKabambaを獲得。ミランユースのAllieviカテゴリーに入る模様。ホッター君と同じですね。

ミラノに着いたパトは今日(28日)午後に最初の診察。マルペンサ空港に着いたパト自身はローカルTV局の『Italia 7 Gold』にて、「調子はいいと感じているし、きっと2月16日のユナイテッド戦には出場できると思う」と。以下、パトのインタビュー。

「デルビーはテレビで見た。僕らは負けた。でもシーズンは終わっちゃいない。まだたくさん試合は残ってる」

「ウディネーゼ戦ではとてもハードワークを強いられた。特にゲームを組み立てる部分で。ディ・ビアージのチームのおびただしいカウンターアタックにさらされた」

「ピッチには長いことピッチを離れていたのち復帰しつつあった選手たちがいて、他はレギュラーとしてあまりプレイしていない選手たちだった。でもそうは言っても、僕らのパフォーマンスは自分たちのポテンシャルを下回っていた」

「この連敗をおおげさにしてはいけない。この2試合を分析するとしたら、違う大会なんだから違ってくるのははっきりしてる」

「いまは落ちついて再充電するべきだ。でも、1日過ぎれば僕らはポジティブな気持ちになると思うよ」


レオ監督のコメントとパトのコメントがほぼ同じってのがまたミランらしい。ま、ふたりの言うとおり、スパっと切り替えて、次行こー次!