Tag Archive for '06-07Campionato'

GRAZIE BILLY AUTENTICA BANDIERA!

070520a.jpg←PK後、ポジションに戻ってからひとりでニマニマするビリー(笑)。
ビリー最後の試合はアキッレと共に登場、カピタノとしての仕事に始まり、得点もしちゃって、拍手に包まれながら終わり、こっちも幸せな気分に包まれました、え、負けた?そんなこたあどうでもいいのよ。
中盤下がり目、まさにピルロの位置から出発したので、ビリーのフィードが冴えわたるのかー?!とワクワクしましたが、そうでもなく(笑)。とはいいつつも前半はいつのまにか右サイド高めに上がって、オリベイラへの絶妙クロスなど上げてみたり(オリィ、すっ転ぶなー!)、カウンターが始まると、センターバックの位置まで全力ダッシュしたりと、かなりの上下動する御大ビリー。

070520b.jpg070520e.jpg←ちびビリーとちびマルがいつかサン・シーロで肩を並べるのを、夢見たっていいじゃないか!
いつも手こずるウディネ相手に、連携できてないメンバーだけに、攻め込まれることも多く、すぐに本来のポジションCBの位置に収まってるビリーの姿がおかしかったです。真ん中が妙に厚いディフェンス。いつもは自己主張の強い船頭が多いミランだけど、昨日はフィールドで指示出してるのはビリーだけだったし、そういう意味でMFビリーは見た目にも主役になれる位置でした。

アキッレはみるみるうちに大きくなっていて、「アキッレが俺の試合する姿を覚えていられる時までプレイしたい」って言ってた願いがかなったんだな…と、これも感慨深かったです。

070520c.jpg→ビリーにこんな風に気安い態度を取れるのはマルしかいないし、逆もまたしかり…ってのがよくわかった光景。若い子たちは遠巻きだったもんね(笑)。
このメンバーでもやっぱりセットプレーは苦手なんかいっ!な得点をされた後、ゴールへの意欲に燃えるオリ→ボリエッロの押し込みを、いつも下アイラインが印象的なグルキュフがピッポ的コソ泥ゲットゴーーール!(笑)。つるっと脱いで、ゴール裏のおねえさんたちをニヤニヤさせたのでした。次節出場より、パッションの解放の方が大事か、ヨアン…。この日、彼はやっぱりちょっと判断が遅い球離れのせいで、あんまり攻撃を活性化していたとはいえないけど、PKゲットのジャンプはお手柄…っていうか、あれはあきらかに審判からの御祝儀だよね(笑)。ジラの断末魔すっ転びシミュレーション並みの飛び方だったよ。

070520d.jpg←ピンクの長袖をはみださせるというダサファッションで登場のネスタは、いつも練習の円陣ではすみっこのくせに胴上げではなぜかカハと並んで最前列! この妙に真剣な、むんっとした気合い顔を見てくれ。
しかし、もらったもんはもらったもん。最後の舞台でビリーにPKの場がやってくるなんて、ほんと運命っておもしろい。妙にすべりやすかった芝が、『あの時』みたいにイタズラしなくて良かった!PK成功。ニヒルな決め顔が、仲間の祝福で崩れていくのがたまらんかったです。

アンチェの配慮ある交代で、スタンディングオベーションを受けられ、試合後には『スミス』のように増殖した『コスタクルタ』ユニ姿のアテネ組が登場。ピッポやアンブロ、カハあたりが先頭きって、いやがるビリーをとっつかまえて胴上げする頃には、もうこっちはうるうるきてるのに、ビリーはすごく穏やかな顔で喜びをかみしめてた。交代の時なんか、用具係さん?の方が泣きそうだった。復活の02年からを『余生』なんてちょっと自虐的に言ってたビリーだけど、本当にやりきったんだなあ…そんな最後の年月に間に合って、ファンになって良かったとしみじみしました。

マルはというと、ドキドキしてる若い子たちひとりひとりをねぎらって、カピタノ仕事。彼らにはいい思い出になるんだろうなあ。

070520f.jpg→アテネ前、一番落ちついている人(自己申告)と、一番ガウガウしてる人(タソ証言)が並んで仲良く観戦。
来季はアンチェの傍らでタソと一緒にアシスタントコーチって事で、絶対似合うはずのスーツ姿がベンチで見られるのか!とワクワクしたんですが、アンチェのインタによると、主に他の監督たちの戦術を研究するために、スタンドからリサーチすることになりそう。放送で見られそうにないのがちょっと残念。でもそうだよね、ビリーがベンチにいるとタソのポジションが微妙になる。それにしても、まさに将来のミラン監督へエリート的道をつき進むことになったビリー。アテネでも、すぐにウカレポンチ(笑)になりやすいミランの面々を引き締めてやって下さい!

37a giornata 2007/05/19
Milan-Udinese 2-3

Asamoah 10 (U)
Gourcuff 36 (M)
Di Natale 53 (U)
Costacurta pen 57 (M)
Barreto 61 (U)