Tag Archive for 'マンチーニ'

イタリア最高、イギリスかっけーっ!

マフラーを巻かせたら右に出るものはいない(レオ様が左に出るかもしれないが)マンチーニ。監督就任したイングランドでは、「おおおおー!かっこいいぜーーーー!」と漢たちのドスのきいた声が上がってるのか知りませんが、(mikiさんによると)『「The Mancini Scarf」とかいう(ただの)マフラーを8ポンドで販売している』とのことです。イタリア男のエロ色気にまいっていそうだな、英国人。

しかし、隣の芝生は青く見えるようで、イタリアでは「イギリスっぽい」っていうのは、「かっこいい」と同義語だったりするんですよね。そのわりにイタリア人とイングランド人が特に仲が良いとも聞かないので、人間、よく知り合って幻滅するよりも、ある程度の距離を置いた方が、お互い美しく見えるってことかもしれません。

マンチョは外国人監督の例にもれず、アンチェと同じく自分の良く知っている自国リーグからの補強をクラブにお願いしたようで、自分と同じ資質ありと親近感を持ってるカッサーノの他に、なんと!フラミニとボネーラもおねだりしたんだとかっ! 貧乏ミランなら売る可能性アリと思ってますね、マンチョ! フラミニは本人がミラン残留を語っていましたが、ボネーラに関してはガリが拒否したと明かしていました。昼行灯なボネーラ君でも、今のミランでは貴重なのですよ! ベンチでも文句言わないミラニスタだしw

イングランドと言えば、Corrire della Sera紙に、イングランドにおけるイタリアンスタイル受けてます…っていう記事(元記事は『SUN』紙)。

タイトルだけ訳すと、

マンチェスターではイタリアンスタイルがすでに流行。全てはマンチーニと彼のマフラーのおかげ。
マルディーニ、ファッション展開はイングランドでも
『Pretty Green』ブランドのために、オアシスの元リーダー、ギャラガーと協調。こうして『Sweet Years』に付け加えられる。


リアム・ギャラガーは長年マルディーニのファンだったそうで、オアシスのヨーロッパツアーの際に2人は知り合い、それからずっと連絡を取り合う仲。そこで、ギャラガーが立ち上げた若者向けブランドの『Pretty Green』に、マルが投資することになったようです。このアイデアは去年、リアムとのおしゃべりの間に持ち上がり、先月合意に至ったというから、あの2人のパパラッチ写真はこのブランドについての話し合いの現場だったのかも。

記事は続いてマンチーニの人気っぷりにも触れていて、彼はシティのファンから「Bobby Manc」と言われているそうなんだけど、これは何か意味があるんだろな。熱烈なシティファンであるリアムによると、「あのマフラーは本当にすばらしい。僕も絶対ひとつ欲しいよ。マンチーニ最高だし、イタリアのものはみんなすっげえクールさ」とのこと。

シティのチームカラーはビアンコチェレステなので、爽やかにマフラーを巻くマンチョを見ると、楽しかったあの頃のラツィオが思い出されて、ちょっぴりせつないです。