Tag Archive for 'マンシーニ'

怒るレオ

ボローニャ戦前のレオ監督記者会見は、ロナウジーニョの件がメインテーマ。その内容は公式版とか、Gazzetta版とか、Goal.com版とか、いろいろ和訳されております。

ベル爺の横やり発言に関して、「私の母は、自分が変えられることのために戦わなければいけないと教えてくれた。そして、忍耐強くなれとね。変えられないことにエネルギーを浪費することはできない」という発言が心に響くわ〜。他人の考えは、最も変えにくいものの一つだものね。

以下がSKY版を訳したもの。

レオナルドは大声を上げる:「新聞はジーニョをリスペクトせよ」

「私はジャーナリズムを勉強したことはない。しかしニュースとは裏付けがあって出されるもので、噂されていることを聞いて書けるものではない。以前は(ロナウジーニョも)社会学の洗礼を受けたものだ。しかしそれも終わりだ。今週、新聞の側には彼に対するリスペクトが欠けていたし、こういう状況はグループの結束を強めるものだ。私は自分の選手を信じているし、ロナウジーニョのことは誰よりもわかっている。あの週に何をしたか知っている。彼は過去に何度も過ちを犯したが、その代償は払った。しかし、根拠のないニュースに何の意味がある? ゼロだ」

「我々は調べているんだ。飲酒したかそうでないか、どこへ行くかも。ロナウジーニョはデルビー前の週はとても良くやっていた。そしてPKを失敗した。だけど、それがどうだって? クラブは何が起きたのかを知るためにロナウジーニョと話し、了解した。私はそれで充分だ」

「私は怒っていない。しかし、もし(メディアに)ルールを越えた事があれば、それをはっきりさせる必要がある:しかし、あなたたちに笑顔がなく話すのは、そういう事柄だからだ」

(SKY.it 10/02/06)


Gazzetta新聞版には、セードルフについて聞かれた部分もあったので、他で書かれていない部分を抜粋で。

「私は選手を信じている。ロナウジーニョのことは誰よりもわかっている。彼は何度も過ちをおかした。しかし今回は物事が誇張されている。我々は全て知っている。彼のことも、そして彼だけでなく全員のことを。飲酒しているかしていないか、どこへ行って何をしているかも知っている」

(セードルフがアナンとの会合でロンドンへ行くために、練習をパスすることになる事について)「これはクラブにもプレステージを与える招待だ。我々は彼があまり練習を休まないような参加方法を考えているところだ」

(マンシーニの移籍にベルルスコーニが異議をとなえた事について)「私は自分ができる事について集中している。彼は私が持つ選手であり、自分のチームで良いプレイをさせることはうれしいし、そう働いている。他のことは我慢したい。マンシーニは調子が良いし、すでに2キロ体重を落とした。彼は両サイドができる選手で、我々に多くを与えてくれるだろう」

(Gazzetta dello Sport 10/02/07 第10面)


100207a
↑「根拠のないニュースに何の意味がある? ゼロだ!」とお怒りのレオ様。
眉間のシワがニジンスキー並に美しい…(『イブの息子たち』ネタよ)


あの温和なレオ様がどんなに怒ってるのかしらと思ったら、うひゃー、もんのすごい早口で、身振り手振りで怒ってます! Mediasetのこちらとか、もっと長いCorriereのこちらとかでどうぞ。

ミランさんたち、プライベートをクラブに全部つかまれてるのかアヤシイですが、ほんとだったら、女子アイドル並みのガードだね(笑)

SKYサイトにあるミラニスタのフォーラムでは、このレオ談話に対して、こんな風にコメントが寄せられてます。

「ブラヴィッシモ…彼の立場でモウリーニョだったら、記者の家に一船団送ってるよ」

「グランデ・レオ、ますます好きになったぜ…」(ベルゴミがミランにコメントするのはうんざりだ!)

「これで、ロッカールーム内が穏やかだなんてのは、ウソだってわかったな…彼だって、適切な時には激怒するんだ!!!」


あはは、いいねえ、レオLOVEなミラニスタたち。

しかしとにかくだ。私が言いたいのは…レオ様に、こんなに激しくかばってもらえるなんて、

ジーニョ、うらやまし過ぎーーーっ!!!

これで活躍しなかったら許さない(笑)