Tag Archive for 'ネスタ'

ネスタ、選手から監督への道

130707a


130707b
↑若返ったよね?


なぜネスタのインタビューがマドリー御用達のマルカ紙に?と思ったけど、タイトル見てなるほど。アンチェロッティがマドリーの監督になった関係もあるかもですね。理由はなんであれ、サンドロ・ネスタのインタビューーーー!(引退って…やっぱり寂しい (TдT)

ネスタ「アンチェロッティはマドリーにとってパーフェクト」
モントリオール・インパクトのイタリア人センターバックは今シーズン後に引退

信じ難いことだ。しかしアレッサンドロ・ネスタが愛するミランを去り、MLSのモントリオール・インパクトと契約してから1年が過ぎた。度重なるケガにもかかわらず、このエレガントなディフェンダーはそのカナダのチームをアメリカのリーグで最高のチームのひとつに変えるのを助けた。インパクトは30ポイントで東地区の首位である。

しかし年月はネスタを打ちのめし、2006年W杯チャンピオンは先週、今シーズンが彼の選手としての最後のシーズンだと発表した。

37才のディフェンダーはキャリアにおいて全てを勝ち取り、最新の試合でチャンピオンとなり(おそらくカナディアン・チャンピオンシップ)、完璧な週末を迎えたことだろう。我々MARCAはこの伝説的イタリア人サッカー選手と話をする幸運を得て、MLSでの時間、カナダから見たミランの困難、アンチェロッティのマドリーでの成功についてのコメントを得た。

—あなたがMLSヘ来て1年になります。このリーグでの時間はどのような価値が?

「とてもうまくいっているし、今はリーグをより理解している。移籍してきた時はあらゆることが新鮮だった。僕の英語はうまくなって、チームメイト、監督、みんなとコミュニケーションがとれる。うまくいった」

—MLSでのプレーは驚きましたか?

「全然驚かなかったよ。でもMLSはスタイルの点で異なるね。練習や長旅なども含めて。違いはあったけれど、それを楽しんだよ」

—MLSの外国人監督は最初の年は苦労するものです。でも(インパクトの新人監督)Marco Schallibaumはすばらしい仕事をやってのけました。彼が成功した理由をあなたはなんだと思いますか?

「彼はチームに良いメンタリティを植え付けた。特にホームでプレーする時のやり方においてね。僕らは毎回ピッチの中で戦い、MLSのどんなチームも打ち負かせることができるとわかった」

—インパクトというチームでMLSカップを勝ち取った気分は?

「それは自分のキャリアを終えるのに良き道となるだろう。本当にこの周りの環境を家族のように感じている。ホームのように思うし、誰もがクラブのために働いている」

—ミランとセリエAで長年過ごして、『ロッソネリ』とイタリアのリーグをこのような遠くから見るのは辛いですか?

「そうだね。ミランとセリエAを外から見て、財政的に下降しているのを見るのは辛かった。ミランは前はもっとお金を費やしていたが、今はそれとは大違いだ。僕はミランの試合をまだ全て見ているし、これからもずっと応援していくだろう」

—新たなマドリーの監督であり、あなたの元監督カルロ・アンチェロッティのことをどう思いますか?

「アンチェロッティはレアル・マドリーのようなクラブにとってパーフェクトな監督だと思う。スペインでのプレッシャーをうまくコントロールできるのは間違いない」

(MARCA.com 13/07/05)


MLS優勝でキャリアの最後を飾って良かった(´Д⊂ヽ でもこれで引退なんだね…。おおおおーお疲れさま (TдT)
*追記 記事中の優勝はカナダの10チームで争われる『カナディアン・チャンピオンシップ』(5月30日)のようで、MLSリーグは3月から1月開催なので、シーズン終了後のネスタ引退は11月以降と思われます。

W杯チャンピオンの仲間たちが監督ライセンスを取ったなんていうニュースもちょうど伝わってきたけれど、ネスタはどうするのかなあ。

130707c


130707c


→12/13の監督マスターコース合格者の記事。そうそうたるメンバー。特に成績優秀と試験委員会に認められたのが、下の方に名前があるクレスポ、グロッソ、オッド、ソッティ、ザンブロさん。

BBC World Service Radioによると「ネスタはMLSのシーズン終了後に引退して、監督となる計画を語った」ということだし、A Football ReportのジャーナリストEric Beardによれば、「ネスタはすばらしい監督になるつつある。すでにモント・レアルで良き指導者だ。もし彼の指導者としてのキャリアがMLSで始まったら特別なことだろう」とも言われているので、このままカナダに留まって監督修行するのか、それともイタリアへ帰ってくるのか。

彼らの年代の監督率ってすごいことになりそうで、それはそれはワクワク。