Tag Archive for 'トッティ'

黄金の玉子

セリエA20周年記念のトッティロングインタビュー@ガゼッタ。

久々のトッティ節を訳したら、やっぱりかわらず奔放なビッグマウスっぽくて安心したw



俺、トッティ、『Er Mejo(テッペン野郎)』ここにあり
メッシだけが越えてる。FWなら300ゴール。
リッピがトップの監督。モウリーニョと一緒に働きたい。


※訳者注:Er Mejoはローマ方言で il meglio=最高なヤツ、モノ。ilがerに、meglioがmejoになまったとのこと

ローマ発 黄金のレジェンドはプリマヴェーラでアスコリ相手に前半でドッピエッタを決め、それから急いでシャワーを浴び、トップチームの一員となるべくブレシアへと向かったことを、まるで昨日のことのように語る。とは言っても、16才ではそれ以上を望むべくもないことだろう。しかし1993年3月28日、この予想外のデビューのおかげで、フランチェスコ・トッティのストーリーは予期せぬものに変わった。そしてそれはイタリアサッカーの歴史も。

—トッティ、この20年間はあっという間でしたか?

「ぶっ飛んでくようだったなあ。パッション込めて打ち込んだから。あの時の土曜日はほんとそんな感じで過ぎて、日曜日のことは考えてなかった。ボスコフ監督が電話しようと思った時、ムッツィに話そうと思ったっていうのはみんなホント。彼が言うに『おまえを欲しがったのが誰だか考えろ』ってさ」

—もしずっとセンターフォワードとしてプレーしていたら、どのくらいゴールを決めてたでしょうね?

「たぶん300ゴールくらい。そしたらもうピオラを越えてただろうな。まあフィジカルに問題なくこのまま続けたい。一年以内に契約切れちまうとしても」

—40才までプレーをしたいんですよね。契約延長は1年か2年か、いずれにしても公式になるでしょう。

「そう願いてえなああああああ。来週はパッロッタ会長がローマに来て、直に話す。とにかくクラブが俺を信じてくれてるのがうれしいんだ」

—リヴェラ、マルディーニ、リーヴァ、マッツォーラ、アントニョーニ、デル・ピエロ。バンディエーラ(旗手=チームのシンボル的選手)はしばしばキャリアの最後に自分のチームでやっかいものにされます。

「ヤツら(バンディエーラ=旗)はポールにしがみつくんだよ…。おおっとジョークジョーク、あんなに貢献した人たちをないがしろにするなんてマズいぜ。俺はそんなのの例外にして欲しいね」

—イタリアサッカーで、イマジネーションの順位表において、あなたより上位にいる選手は?

「いねえよ。数字がはっきり語ってるっしょ」

—どんな選手でも、あなたに『アイツのやってることぜってーできねえじゃねえか!』って思わせなかったんですか? では対戦相手とチームメイトで一番強いなと思った選手は?

「最初の問いの答えならひとりしかいねえな:メッシだ。対戦相手ならロナウドだな。チームメイトで選ぶならバティストゥータ。ピッチで同じフィーリングならカッサーノ」

—ブッフォンは最優秀監督にコンテを選びました。あなたは誰を?

「リッピだ。彼は俺の持ってなかったカリスマを伝えてくれたし。でもカペッロ御大も偉大だ。それはスパレッティも同じだけどな。まだ俺たちは連絡取り合ってる。まったくやんなっちまうんだが、スパレッティの親父、俺がローマから追い出したなんて言うんだ。そうじゃなくて彼がゼニトに行きたかったんだろうが…」

—一緒に働いてみたい監督は?

「モウリーニョ」

—一方、トリゴリアではモンテッラやストラマッチョーニのようなすばらしい指導者を生み出しています。指導者として彼らとここで再会できるのはうれしいですか?

「むかし選手だった時の経験が活かせるもんな。サッカーではそれができる。彼らとはすごいいい関係さ。それに奥さん同士が友達なんで、ヴィンチェンツォ(・モンテッラ)とはよく会ってる」

—でも アウレリオ・アンドレアッツォーリ(暫定監督)もよくやってますよね。CL圏内は達成可能な目標?

「それは俺たち次第じゃねえじゃん。そりゃあやってみるさ。だけども現実を見るってのが必要だ。目標はELだよ。とにかくローマみたいなチームはヨーロッパの舞台から離れちゃなんねえの。アンドレアッツォーリになってうまくいってるんだ。彼はトリゴリアの隅から隅まで知ってるヤツだ。それに俺たちが勝ちに勝ちまくったら、トップ走ってるかもしんねえぜ。まあ来年は上位3位を目指さないとな」

—ゼーマンの解任をせいせいすると歓迎した選手たちが居たということですが、彼らを納得させることができなかったということですか?

「みんなが持ってるものへのリスペクトに欠けてたな。それでとうとううまく行かなくなって、そのツケを監督が払った。だけどもし俺たち全員が自分の持ってるもの全部発揮してたら違う結果になってたはずさ」

—カルロス・ビアンチ(ローマ監督)が望んだように、1997年にサンプドリアへ売却されてたらどうでしょうね。

「そう、ヤツはローマ人に我慢できなかったんだ。ジェノアに行ったらもうローマに戻れないし、今はもうそんな考えは遠い話。何年か後にも契約延長前にレアル・マドリーへ行くと決めた。でもそれから契約のことも考えて、私生活のこともあってさ、ここに残ることに決めたんだ。で、俺はぜんぜん後悔してない」

—どの時代がバロンドールにふさわしかったと思いますか?

「2000年だな。もしユーロで優勝してたら取る価値あったと思うよ。スクデットを取ったシーズンだったし」

—さるスポンサーのプレッシャーでオランダ戦の準決勝の先発にならなかったとまだ考えていますか?

「そういう風にみんな言う。あんときまで俺はユーロですげえいいプレーしてたし、重要なゴールも決めてた。つまはじきにされる理由がないっしょ」

—アベーテ(FIGC会長)は自分の在任期間中の理想のイタリア代表を選びました。不動のイレブンにブッフォン、ベルゴミ、シレア、カンナバーロ、マルディーニ、コンティ、ピルロ、タルデッリ、トッティ、ロッシ、デル・ピエロ。

「俺が入ってるし、うれしいし。こんなチームだったら2回はワールドカップ取れたねマジ」

—ところで、引退する前に取るとしたらもう一度スクデット、それとももう一度ワールドカップ?

「2つともじゃだめ?じゃあスクデット、それからワールドカップまで一ヶ月だよね。だからそんときまた考えられるってわけ」

(訳者注:まだまだ半分以上続く)

(Gazzetta dello Sport 13/03/28 第2面)


ローマやトッティの詳しい歴史知らないから、推察訳ができなくて苦しい…。事実関係で間違ってるところがあると思うので教えてくださるとうれしいです(特にロマニスタのお方)。

ここまでですでに挫折しそうですが、とりあえずなんとか意味がわかって、ウヘヘなとこだけ抜き書きしておきますw

他にはアッズーリの話や、「バロテッリはフェノーメノになれるけど、それはオツムと態度次第」という先輩のありがたいお言葉とかw、バルディーニは2005年に比べてなまけてるとか。

—メッシとクリスチアーノ・ロナウドをのぞいて、誰をローマに連れてきたいですか?

「シャビ」

—ローマ・デルビーがやってきますね。ラツィオでもっとも苦しめられて、もっとも打ち負かすことに喜びを感じた選手は?

「ネスタさ。彼はつええし、ダチだからな。だけどスポーツ的な話となると、ラツィオのなんもかんもが気にくわねえ」

—話を変えて、セリエAでの初ゴールと初キッスとどちらが強い感動の思い出ですか?

「ファーストキスん時は俺はお子ちゃまだったし。それに他のやつらがしてるのを見てたしな。あれは情熱とか愛とかを伝えるもんと違う。キスがうまいわけでもない。だけどゴールはずっと夢見てたもんだし、ゴールの方がいいさ。それに俺がキスしたのは12、いや10才だ。あの年じゃなんにもわかんないって」

—10才でファーストキス?

「ああ。それから12才で初エッチしたぜ。トロペーア(カラブリアの夏のリゾート地)で17才のローマの女の子とね」

(この後、トッティ先生のセックス観が述べられてるようなのですが、イタリア語難しくて挫折)

(それからギャンブルの話に関連してトッティのカードゲーム好きが語られてるのですが、ローマ練習場でのトッティのスケジュールが『カードと昼寝』で埋められてたのを思い出しましたw)

—娘のシャネルちゃんがサッカー選手と結婚したらうれしいですか?

「うれしくないわけないだろ? 重要なのは誰でもリスペクトを忘れないことだ」

—一方、息子のクリスティアンはもうサッカーを始めていますね。マッツォーラやマルディーニ一家のような親子鷹を考えていますか?

「もし才能あったらうれしいさ。でもそうじゃない方がいいな。トッティの名字はプレッシャーになるし。俺はテニスプレイヤーになって欲しいんだ。それで俺が引退したら、息子のマネージャーになって過ごしたい」

(Gazzetta dello Sport 13/03/28 第2面)


若い時のようにピッチ上でキレたりするのはなくなったものの、前からクラブ批判はおおっぴらにやるし、北の3強くそくらえ的なこともよく言ってたし、インタビューでの問題発言はわりとしてると思うのに、あまり大きな見出しでニュースにならないのは『またプポーネか〜』的な放置なのでしょうか。ミラン選手たちの優等生発言と比べて奔放なことよ。バルディーニをひとこと『なまけてる』って切り捨てたりしておもしろいけど、ガリなら顔を赤くして怒りそうw

今季はスーパーゴールも決めて好調、アッズーリに呼ばないのか?という声もあがるほど。私は今のところミラン戦であっぷあっぷでローマ戦が見れてませんが、今のトッティ王子を見ておかないと後悔するかも?!とローマデルビーは絶対見るぞー。