Tag Archive for 'ジダ'

肩書きはミラン基金アドバイザー

パトとアンブロさんの状態が公式に出ました。それによると、アンブロさんは回復するまで3週間。パトは2〜3週間。痛い離脱ですが、それでも代わりの選手がいるってのが今季は心強い。

さて、同じミラン公式に、16日のミラン基金『Technogym Beach Volley Challenge adidas Cup』にジダとマルディーニがゲストとなったと書かれてました。その時の二人の談話を公式から。二人はビーチバレーのピッチに実際に立ったようですよ。ジダはすばらしいコンディションだったとか。

マルディーニ:「このようなイベントに参加するのは、いつもすばらしいよ。ここ数年のミラン基金はとてつもなくすばらしい事をしている。さらに、これらの機会のように、いろいろなスポーツでそのメンバーたちがプレイを楽しむことができるという能力もある。アドバイザーとして、この基金の役割を果たすことを本当に誇りに思うと言えるね」

ジダ:「僕にとっては、これはコンディションをキープできる一方法だね! ミラン基金のこの素敵な大会に僕を招待してくれた友人たち全てとは最高のものを分かち合える。これは重要な事だし、僕は自発的に参加した。ミランと僕の絆は昔から堅く、呼ばれた時にはいつも喜んで受けるよ。ミランは僕のハートの中にある。このクラブには多くを捧げなくてはいけないし、ずっと感謝するだろう」

(A.C.Milan.com 10/09/16)


ま、公式なので、コメントはあまりおもしろくはないです。ジダ、就活中だから、最初のコメントは笑かそうとしてるな。

100917a


マルのコメント、Sky Sport 24へはこんな感じ。

マルディーニ:「インテルは依然として優勝候補」

「このミランは今年、何かを勝ち取れる」。これは昨日Palaunoにて、ネルソン・ジダと共に、San Vittore、Monza、Bollate、それにミラノのBeccariaの刑務所の囚人たちのための小型バスをAssociazione «Incontro e Presenza»代表へ渡した、ミラン基金運営のアドバイザーの肩書きを持つパオロ・マルディーニの言葉である。

「まだまとまりに欠けていると僕は思う。でも何かを勝ちとれる力は全て持っている。カンピオナートでは依然としてインテルが優勝候補だとしても」。

水曜の夜、マルディーニはサン・シーロに居て、試合後に元チームメイトたちに挨拶した:「彼らはみんなアッレグリのことを僕に良く言ってたよ。彼はグループから非常に尊敬され、とても信頼されていた。抑圧しないのは正しいことだ」

(Gazzetta dello Sport 10/09/17 第10面)


ほ〜ら〜、やっぱりオセール戦の勝ちを受けて、「ミラン、ヤれるよ!」といつもの超ポジティブになってるパオロさん。アッレグリはみんなを大人扱いして、ギリギリ規律で締め付けないタイプなのでしょうかね。鬼軍曹カペッロタイプは自分も大嫌いなので、好印象なの?

とりあえず、『ミラン基金アドバイザー』という肩書きがあるの確認できて一安心。名誉職ですが、一応無職ではないw