Tag Archive for 'オニェウ'

イブランボウ将軍

アッレグリの練習はアンチェやレオよりもハードだと以前レポートされていたのだけど、そのためかハードなぶつかり合いもあったようで。

ケンカの場面が映ってるわけじゃないけど、練習風景が良い動画「Milan: tensione a Milanello」

イブラ対オニェウのケンカ
練習は中断

ミラネッロにて、アメリカ人に対するスエーデン人のスライディング後、2人のロッソネリは取っ組み合いになった:大勢のチームメイトたちが彼らを引き離そうとし、それでアッレグリは練習を数分間ストップせざるを得なかった。ガッリアーニ:「もうさっぱりした。問題は解決した」

ミラノ発 高いテンションの練習。今日の練習中、イブラヒモビッチとオニェウは事実、巨大なアメリカ人へのスエーデン人のスライディングファールによって、取っ組み合いのケンカとなった。

ケンカ! しかし事実はそうだ。30人ほどの観客が見守る中、ミラネッロの外側ピッチで午後の練習:ミニゲーム中、イブラはディフェンダーに対してあまり礼儀正しくなかった。スライディング、そうひど過ぎないもの。しかし1メートル95センチでガチムチのオニェウはそれを良く取らなかった。彼が立ち上がってイブラの首をつかむと、アッタッカンテもすぐに反応した。肉体的にも言葉的にも暴力的なケンカが始まる。チームメイトたちはすぐに彼らを引き離そうとしたが、2人はひ弱ではない。アッレグリは仕方なく練習をストップせざるを得なかった。練習はその後興奮が静まってから再開された。

オニェウとケガ 非常に深刻だったオニェウの反応には彼の過去に同情すべき原因がある。彼は2009年にミランへ移籍し、チャンピオンズ・リーグのチューリッヒ戦で受けた重傷で1年間を棒にふっていた。おそらくイブラのあまりクリーンでないファウルに恐怖を覚えたのだろう。ガッリアーニはこの問題についてSkySport 24にこう語った:「かなり激しい衝突だったようだね。少々ラフなタックルをした時に起きるものだ。ともかく、選手間ではもう解決しているし、個人的には練習で激しい様子を見るのはいつも満足だ。問題は終わった」。

(Gazzetta.it 10/11/05)


Repubblica紙によると、2人はアッレグリから厳しいお小言をいただいたそうで、練習は3時間後に再開。頭冷やすのに結構かかったのね。

※追記:ミラン公式に載ってるガリのコメント「sono più contento quando ci sono allenamenti accesi piuttosto che allenamenti-camomilla(カモミールな練習よりも燃えてる練習の方が満足だよ」。(鎮静効果のある)カモミールな練習ってちょっとおもしろい言い回しw

暴れ回るデカい2本の大木にしがみついてはブーン!とふり飛ばされるヤサ男たちちび助たちの姿を思い浮かべると、うふ、ちょっと笑う。いつもは非公開な練習なのに、こんな場面を外ピッチで見られたお客さん、ある意味超ラッキー。オニェウは災難だったねえ。ズラはCLなどビッグマッチではダメ男を返上できなくて、イライラしてる?

そんなお騒がせズラタンのプライベートをスエーデンのメディア『Aftonbladet』がレポート。


101106a


『Aftonbladet』紙はズラタンとヘレナのミラノでの新生活をキャッチした。彼らはまだホテルに住んでいて、ボディガードに常にガードされ、公衆の面前に出ることは稀だ。しかしズラタンとヘレンは家を見つけた。「イブラはdivaで、イタリア人はdivaが好き」とSky Sport記者Vera Spadiniは言う。『Aftonbladet』がこのスエーデンカップルのラグジュアリーなミラノでの生活を皆様にお見せしよう。

(Aftonbladet 10/10/24)


でも、この後の肝心な本文は購読料を払わないと読めないのです、残念。元記事の写真の下にある赤い+マークをクリックすると巨大になります。写真キャプションは「ミラノでのズラタン・イブラヒモビッチとヘレナの行く先々についていくのはボディガードのアンジェロだけではない。リードの先にはフレンチブルドッグのTrustor」。

Trustorってたぶん「突進」っていう意味。なるほど〜w グッチでヘレナとお揃いの『お犬さま』ですね。『diva』って普通は歌姫様だけど、お騒がせソリストってこと?

この記事を転載したサッカー萌えサイト『kickette』の記事に付けられたコメント。彼女のブーツとワンコは愛されてますが、「どの犬も飼い主に似るっていうけど…この場合も瓜二つ!」とヒドイのとかw さっそくオニェウとのトラブルをからかって、「もっと犬の散歩すればあ、ズラタン。デカいアメリカ人と殴り合いする時間が少なくなるよ〜」とか。

「イブラはハンサムだけどホットじゃない。イグアインもビジャもそう。セルヒオ・ラモス、ロナウド、ベッカムはハンサムでホット」「えービジャはハンサムじゃなくてホットだわ〜」「「でもボリエッロが激烈ホットー!」」で全員同意っていう女子談義がオモロイ。『ホット』っていうカテゴリー、私には頭の中があったかくてエロホット…のような気がするけどw

「彼らはカップル?そうは見えない。ブラジルじゃデートん時はお互いぴったりくっついて手をつなぐものよ。イブラはオモロイヤツだけど、彼ら二人がみんなの前でイチャイチャするの見たことない。もっとハッピーでいるべきよ…」と余計なおせっかいも。世界各国の女子、おもしろいねえ。

スカパーでオシムがイブラについて聞かれて、「あれだけクラブを変えるということは、何か問題が彼にあるのだろう。ミランに移籍したことは良かった。あのクラブはそういうことを許さない。彼が高くなった鼻を低くすればうまく行く」みたいな事を話していて、そうなるといいなあ…と思ってました。そろそろミランのメディア統制でも隠せなくなってきたズラ暴れん坊将軍の言いたい放題やりたい放題。気弱な社会科教師風アッレグリはうまく手なずけることができるかな…。あーマル&ビリーがいたら、ズラなんてキューっと締めてやるのにーっ!!!